[一般の皆さん・患者さん] 臨床試験について - 臨床試験を支える人たち:日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG:Japan Clinical Oncology Group)
一般の皆さん・患者さん > 臨床試験について > 臨床試験を支える人たち

一般の皆さん・患者さん臨床試験を支える人たち

臨床試験は患者さんに参加していただくことによって成立します。一方で、患者さんに新しい治療法を行う臨床試験を安全に、倫理的に、かつ科学的に行うために、患者さんご自身と直接接する医師や臨床試験専門のスタッフ(臨床試験コーディネーター:CRC(シーアールシー))を始めとする医療従事者の他にも、患者さんの目にとまらないところで多くの専門家が関わっています。

具体的には、患者さんが受ける新しい治療法を臨床試験の中で実施することが倫理的かどうかを判断する倫理審査委員会のメンバー、患者さんがどのような治療を受けたか、どのような副作用が出たのか、治療の効果はどうであったかといった情報を正確にあつめて記録する専門家、臨床試験から有益な情報を得られるようにデータの取り方を考える専門家、臨床試験の結果を分析する専門家などです。

このように臨床試験は非常に多くの患者さん・医療関係者・専門家の協力によって動く大きなプロジェクトであり、さらにはこのプロジェクトをスムーズに運営するための専門家も加わり臨床試験が支えられています。

トップへ戻る