研究者・医療関係者の皆さんJCOG共用基準範囲

「JCOG共用基準範囲」について

本「JCOG共用基準範囲」は、2013年6月、特定非営利活動法人日本臨床検査標準協議会(Japanese Committee For Clinical Laboratory Standards:JCCLS)にて策定された、「共用基準範囲」を元に、JCOG試験で取り扱う臨床検査値の基準範囲を定めたものであり、JCOG運営委員会の承認を得たものです。

本規準の作成経緯は、以下のファイルをご覧ください。
参考資料:PDFCTCAE v4.0 日本語訳に関する注_JCOGでの運用について

「JCOG共用基準範囲」の使用上の注意

JCOG共用基準範囲は、JCOG臨床試験において、CTCAEv4.0日本語版のうち「臨床検査値の基準値をもとにgradingする項目」の個々の医療機関における施設基準値の代用とするものです。以上につきご承知いただいた上で、本JCOG共用基準範囲を参考にしていただくことは自由です。

「JCOG共用基準範囲」の公開ファイル

JCOG共用基準範囲の更新(2015年1月30日)

JCOG共用基準範囲の更新履歴

    2014.9.20
  • 共用基準範囲に、PT-INR(CTCAE Term:INR増加)を追加しました。

JCOG共用基準範囲について(2014年4月4日)

  1. 「基準値」と「基準範囲」は検査医学用語として全く異なる意味であるが、一般医療機関等でしばしば「基準範囲」の意味で「基準値」が誤って使用されることが多いとのご指摘を、JCCLS基準範囲共用化委員会より頂いた。これに従い、JCOGでもこれまで使用していた「基準値」を「基準範囲」に修正した。
  2. 補助単位について日本検査血液学会はSI単位表記の基本である10の3乗を補助単位として用いており、これが推奨されているが、データ記入/入力のミスを避けるため「JCOG共用基準範囲に対応したCTCAE v4.0 Grade定義表」では従来通り、「mm3」での表記を残すこととする。
  3. JCCLSの共用基準範囲に含まれていない項目については、JCOG参加施設の基準範囲(上限)等の最頻値を採用した。
  4. JCOG臨床試験における対応については、以下のメモランダムをご覧ください。
ご利用に際して

• JCOG研究に携わる研究者向けの資料です。掲載資料を参考にすることは自由であり、JCOGの許諾は不要です。ただし、無断転用、無断転載、内容(用語など)の改変は固く禁じます。

ガイドライン・各種規準へ戻るトップへ戻る