研究者・医療関係者の皆さん表彰

JCOG 下山正徳賞 The Masanori Shimoyama Award from JCOG

毎年12月に、前年12月~当年11月までに開催された主要な国際学会(ASCO、ASH、他)にて発表されたJCOG研究のうち、がん治療の進歩にもっとも貢献したと認められた発表に贈られます。(所属は受賞当時/敬称略)

JCOG 下山正徳賞の受賞者一覧
2016 佐藤 慎哉  山形大学医学部(脳腫瘍グループ)

JCOG0504: A phase III randomized trial of surgery with whole brain radiation therapy versus surgery with salvage stereotactic radiosurgery in patients with 1 to 4 brain metastases.
[学会名/Abstract No.]
Meeting: 2016 ASCO Annual Meeting Abstract No:2003

2015 猪股 雅史  大分大学医学部附属病院(大腸がんグループ)

A randomized controlled trial to evaluate laparoscopic versus open complete mesocolic excision (CME) for stage II, III colorectal cancer (CRC): First efficacy results from Japan Clinical Oncology Group Study JCOG0404.
[学会名/Abstract No.]
Meeting:2015 Gastrointestinal Cancers Symposium Abstract No: 656

2014 後藤 功一  国立がん研究センター東病院(肺がん内科グループ)

A Randomized Phase III Study of Cisplatin (CDDP), Etoposide (ETOP) andIrinotecan Versus Topotecan as Second-Line Chemotherapy in Patients with Sensitive Relapsed Small-Cell Lung Cancer (SCLC): Japan Clinical OncologyGroup Study JCOG0605.
[学会名/Abstract No.]
Meeting: 2014 ASCO Annual Meeting Abstract No: 7504

2013 久保田 馨  日本医科大学(肺がん内科グループ)

Etoposide and cisplatin versus irinotecan and cisplatin in patients with limited-stage small-cell lung cancer treated with etoposide and cisplatin plus concurrent accelerated hyperfractionated thoracic radiotherapy (JCOG0202): a randomised phase 3 study.
Lancet Oncol. 2013 Dec 2.

Randomized phase III study comparing etoposide and cisplatin (EP) with irinotecan and cisplatin (IP) following EP plus concurrent accelerated hyperfractionated thoracic radiotherapy (EP/AHTRT) for the treatment of limited-stage small-cell lung cancer (LD-SCLC): JCOG0202.
[学会名/Abstract No.]
Meeting: 2012 ASCO Annual Meeting Abstract No: 7028

2012 喜多川 亮  NTT東日本関東病院(婦人科腫瘍グループ)

A randomized, phase III trial of paclitaxel plus carboplatin (TC) versus paclitaxel plus cisplatin (TP) in stage IVb, persistent or recurrent cervical cancer: Japan Clinical Oncology Group study (JCOG0505).
[学会名/Abstract No.]
Meeting: 2012 ASCO Annual Meeting Abstract No: 5006

2011 阿部 徹哉  新潟県立がんセンター新潟病院(肺がん内科グループ)

Randomized phase III trial comparing weekly docetaxel (D)-cisplatin (P) combination with triweekly D alone in elderly patients (pts) with advanced non-small cell lung cancer (NSCLC): An intergroup trial of JCOG0803/WJOG4307L.
[学会名/Abstract No.]
Meeting: 2011 ASCO Annual Meeting Abstract No: 7509

2010 渡辺 隆  国立がん研究センター中央病院(リンパ腫グループ)

Phase II/III Study of Cyclophosphamide, Doxorubicin, Vincristine, and Prednisolone with Rituximab (R-CHOP) Versus Biweekly CHOP with Rituximab
(R-Bi-CHOP) In Untreated Advanced-Stage Indolent B-Cell Lymphoma: Japan Clinical Oncology Group (JCOG) 0203 Trial.
[学会名/Abstract No.]
Meeting: 2010 ASH Annual Meeting and Exposition Abstract No: 431

2009 國頭 英夫  三井記念病院(肺がん外科グループ)

A phase-II trial of dose-dense chemotherapy in patients with disseminated

thymoma: report of a Japan Clinical Oncology Group trial (JCOG 9605).

Br J Cancer 2009 Oct 6.


Phase II Trial of Preoperative Chemoradiotherapy Followed by Surgical Resection in Patients With Superior Sulcus Non-Small-Cell Lung Cancers:Japan Clinical Oncology Group Trial 9806.

J Clin Oncol 2008 26 (4)


A randomised trial of intrapericardial bleomycin for malignant pericardial effusion with lung cancer (JCOG9811).

Br J Cancer 2009 Jan 20.


A randomised phase II trial of preoperative chemotherapy of cisplatin-docetaxel or docetaxel alone for clinical stage IB/II non-small-cell lung cancer: results of a Japan Clinical Oncology Group trial (JCOG 0204).

Br J Cancer 2008 Aug 26.

2008 安藤 暢敏  東京歯科大学市川総合病院(食道がんグループ)

A randomized trial of postoperative adjuvant chemotherapy with cisplatin and 5-fluorouracil versus neoadjuvant chemotherapy for clinical stage II/III squamous cell carcinoma of the thoracic esophagus (JCOG 9907)

[学会名/Abstract No.]

Meeting: 2008 ASCO GI Cancers Symposium Abstract No: 10425
Meeting: 2008 ASCO Annual Meeting Abstract No: 4510

2007 朴 成和  静岡県立静岡がんセンター(消化器がん内科グループ)

Randomized phase III study of 5-fluorouracil (5-FU) alone versus combination of irinotecan and cisplatin (CP) versus S-1 alone in advanced gastric cancer:JCOG9912.

[学会名/Abstract No.]

Meeting: 2007 ASCO Annual Meeting Abstract No: LBA4513

2006 笹子三津留  国立がんセンター中央病院(胃がん外科グループ)

Randomized phase III trial of standard D2 versus D2 + para-aortic lymph node(PAN) dissection (D) for clinically M0 advanced gastric cancer:JCOG9501.

[学会名/Abstract No.]

Meeting: 2006 ASCO Annual Meeting Abstract No: LBA4015

2005 岡本 浩明  横浜市立市民病院(肺がん内科グループ)

Randomized Phase III Trial of Carboplatin (C) Plus Etoposide (E) vs. Split Doses of Cisplatin (P) Plus Etoposide (E) in Elderly or Poor-risk Patientswith Extensive Disease Small Cell Lung Cancer (ED-SCLC): JCOG9702.

[学会名/Abstract No.]

Meeting: 2005 ASCO Annual Meeting Abstract No: 7010


JCOG笹子三津留賞 The Mitsuru Sasako Award from JCOG

手術に関する最も優れたエビデンスを発信したと認められた研究者に贈られます。(所属は受賞当時/敬称略)

JCOG笹子三津留賞の受賞者一覧
2016 藤田 伸  栃木県立がんセンター(大腸がんグループ)

A randomized trial comparing mesorectal excision with or without lateral lymph node dissection for clinical stage II, III lower rectal cancer: Primary endpoint analysis of Japan Clinical Oncology Group Study JCOG0212

[学会名/Abstract No.]

Meeting: 2016 ASCO Annual Meeting Abstract No: 3508


JCOGデータセンター データマネージャーが選ぶ・・・ Best ○○賞

患者登録数・CRFの提出状況・各研究への貢献度などからデータマネージャーの主観によって、1年間でもっとも活躍された研究者に贈られます。(所属は受賞当時/敬称略)

Best ○○賞の受賞者一覧
   Group Chair Group Coordinator Study Coordinator Investigator Coordinator
2016        

愛知県がんセンター中央病院 臨床試験部 臨床試験室(CRC)

髙柳 夏未

西川 勢津子

河合 秀子

渡辺 経子

鈴木 君枝

石川 まり

2015    

北村 寛

富山大学附属病院

(JCOG1019/泌尿器科腫瘍G)

 

宇田川 みどり

国立がん研究センター中央病院

(CRC)

2014    

西村 恭昌

近畿大学医学部

(JCOG1015/放射線治療G)


清田 尚臣

神戸大学医学部

(JCOG1008/頭頸部がんG)

   
2013    

伊藤芳紀

国立がん研究センター中央病院

(食道がんG/大腸がんG/放射線治療Gなど)

 

寺島雅典

静岡県立静岡がんセンター

(胃がんG)

2012  

島田安博

国立がん研究センター中央病院

(大腸がんG )

     
2011    

三梨桂子

千葉県がんセンター

(JCOG0508/消化器内視鏡G )

   
2010    

金光幸秀

愛知県がんセンター中央病院

(JCOG0603/大腸がんG )

 

小出恵子

新潟県立がんセンター新潟病院

(CRC)

2009    

篠田 雅幸

愛知県がんセンター中央病院

(JCOG0303/食道がんG)


塚本 泰司

札幌医科大学

(JCOG0209/泌尿器科腫瘍G)

   
2008    

石井 浩

癌研究会有明病院

(JCOG0506/消化器がん内科G)

   
2007  

田仲 和宏

大口病院

(骨軟部腫瘍G)

恩田 貴志

国立がんセンター中央病院

(JCOG0206,0602/婦人科腫瘍G)

   
2005      

齋藤 博

山形県立中央病院

(消化器がん内科G)

根岸 晴美

埼玉医科大学病院

(CRC)

2004      

塚田 裕子

新潟県立がんセンター新潟病院

(肺がん内科G)

齊藤 修治

横浜市立大学医学部附属

市民総合医療センター

(大腸がんG)

2003      

竹原 和宏

国立病院呉医療センター

(婦人科腫瘍G)

小原 泉

国立がんセンター東病院

(CRC)

2002    

朴 成和

静岡がんセンター

(JCOG9912/消化器がん内科G)

栗田 啓

国立病院四国がんセンター

(胃がん外科G)

 
2001

安藤 暢敏

東京歯科大学市川総合病院

(食道がんG)

   

瀬戸 貴司

熊本地域医療センター

(肺がん内科G)

 
2000      

梨本 篤

新潟県立がんセンター新潟病院

(胃がん外科G)

栗田 まや

国立病院四国がんセンター

(CRC)

1999    

根来 俊一

大阪市立総合医療センター

(JCOG9706/肺がん内科G)

井上 賢一

埼玉県立がんセンター

(乳がんG)

 
1998    

山田 恭暉

長崎大学医学部原研内科

(JCOG9303/リンパ腫G)

   

Most Active Physician Award

JCOG試験への年間登録数が最も多かった研究者に対してJCOGデータセンター長/運営事務局長から贈られます。(所属は受賞当時/敬称略)

Most Active Physician Awardの受賞者一覧
2016

小澤 壯治  東海大学医学部(食道がん)
年間登録数:15

2015

瀧井 康公  新潟県立がんセンター新潟病院(大腸がん)
年間登録数:21

2014

鈴木 健司  順天堂大学医学部附属順天堂医院(肺がん外科)
年間登録数:31

2013

池田 聡  県立広島病院(大腸がん)
年間登録数:39

2012

鈴木 健司  順天堂大学医学部附属順天堂医院(肺がん外科)
年間登録数:47

気まぐれJCOGデータセンター長特別賞

JCOG研究者の中から特に活躍のめざましかった研究者に対してJCOGデータセンター長より贈られます。(所属は受賞当時/敬称略)

気まぐれJCOGデータセンター長特別賞の受賞者一覧
2013

加藤 健  国立がん研究センター中央病院(食道がんグループ)

グループ事務局

2007

喜多川 亮  久留米大学医学部(婦人科腫瘍グループ)

JCOG0505研究事務局


PRC特別賞

PRCのreviewerの中から特に活躍のめざましかった研究者に対してPRC事務局長より贈られます。(所属は受賞当時/敬称略)

PRC特別賞の受賞者一覧
2014

丸山 隆志  東京女子医科大学(脳腫瘍グループ)
吉田 尚弘  石川県立中央病院(消化器内視鏡グループ)

2013

佐藤 豊実  筑波大学医学医療系(婦人科腫瘍グループ)

トップへ戻る