JCOGの基本情報沿革

JCOGの沿革
1978

厚生省がん研究助成金指定研究「がんの集学的治療の研究」班
主任研究者 末舛 恵一

1985

臨床試験審査委員会(現プロトコール審査委員会)、効果・安全性評価委員会設置

1987

「固形がんの集学的治療の研究」班
主任研究者 下山 正徳

1990

JCOG(Japan Clinical Oncology Group)と命名
初代JCOG代表者 下山 正徳

1991

JCOG統計センター(現JCOGデータセンター)設置

1999
「固形がんの集学的治療の研究」班分割
指定研究1「高感受性悪性腫瘍に対する標準的治療確立のための多施設共同研究」
指定研究2「呼吸器悪性腫瘍に対する標準的治療確立のための多施設共同研究」
指定研究3「消化器悪性腫瘍に対する標準的治療確立のための多施設共同研究」
指定研究4「多施設共同研究の質の向上のための研究体制確立に関する研究」

監査委員会、教育研修委員会、外科委員会、放射線治療委員会設置

2001

第二代JCOG代表者 西條 長宏

「21世紀型医療開拓推進研究事業」(「効果的医療技術の確立推進臨床研究事業」)研究班参画

2001~2005

財団法人 日本公定書協会との共同体制

2004

第3次対がん10か年総合戦略事業-がん臨床研究事業開始

2005

指定研究4「希少悪性腫瘍に対する標準的治療確立のための多施設共同研究」新設
「多施設共同研究の質の向上のための研究体制確立に関する研究」は指定研究5へ

2006

特定非営利活動法人 がん臨床研究機構(NPO CORE)との共同体制

2008

指定研究5「放射線治療の標準治療確立のための研究」新設
「多施設共同研究の質の向上のための研究体制確立に関する研究」は指定研究6へ

2009

第三代JCOG代表者 田村 友秀

2011
指定研究班改組 がん研究開発費23-A-16~23-A-22へ
23-A-16「多施設共同研究の質の向上のための研究体制確立に関する研究」
23-A-17「高感受性悪性腫瘍に対する標準治療確立のための多施設共同研究」
23-A-18「呼吸器悪性腫瘍に対する標準治療確立のための多施設共同研究」
23-A-19「消化管悪性腫瘍に対する標準治療確立のための多施設共同研究」
23-A-20「希少悪性腫瘍に対する標準治療確立のための多施設共同研究」
23-A-21「放射線治療を含む標準治療確立のための多施設共同研究」
23-A-22「難治性悪性腫瘍に対する標準治療確立のための多施設共同研究」
2014
国立がん研究センター研究開発費研究班改組26-A-4へ統合
26-A-4「成人固形がんに対する標準治療確立のための基盤研究」
2014

第四代JCOG代表者 飛内 賢正

2017
国立がん研究センター研究開発費
29-A-3「成人固形がんに対する標準治療確立のための基盤研究(JCOG)」へ
2017

第五代JCOG代表者 大江 裕一郎

トップへ戻る