JCOGの基本情報食道がんグループJapan Esophageal Oncology Group:JEOG

  • グループ代表者:北川雄光(慶應義塾大学医学部)
  • グループ事務局:加藤健(国立がん研究センター中央病院)
  • 主任研究者:北川雄光(慶應義塾大学医学部)
    加藤健(国立がん研究センター中央病院)
  • グループ代表委員:井垣弘康(恵佑会札幌病院)
    廣中秀一(千葉県がんセンター)
    伊藤芳紀(国立がん研究センター中央病院)
    坪佐恭宏(静岡県立静岡がんセンター)
    竹内裕也(慶應義塾大学医学部)
    原浩樹(埼玉県立がんセンター)
    大幸宏幸(国立がん研究センター東病院)
    阿久津泰典(千葉大学大学院医学研究院)
    本間義崇(国立がん研究センター中央病院)
    浜本康夫(慶應義塾大学医学部)
    中川悟(新潟県立がんセンター新潟病院)
    對馬隆浩(静岡県立静岡がんセンター)
  • 設立:1978年

※グループ代表委員とは、グループで行われる臨床試験の計画、実施の際に中心的な役割を担うメンバーです。

概要

食道がんグループはJCOGの母体となったがん研究助成金「がんの集学的治療の研究」班が1978年に発足した当初から、その後のJCOGの立ち上げを経て30年以上にわたりがんの臨床試験を継続して来た、息の長い研究グループです。進行食道がんはその生物学的特性と解剖学的制約のために、外科手術のみでは治癒が困難な癌で、そのために手術のみならず化学療法、放射線療法などを合理的に組み合わせる集学的治療により、治療成績の向上を目指して来ました。食道がんグループはその時代時代の食道がんに対する標準治療を検証し確立するために、主として手術補助療法の6つのランダム化比較試験RCTを継続して行ってきました。現在31の外科系施設と12の内科系施設の43施設が参画し、多施設共同研究を展開しています。

研究のあゆみ

食道がんグループがスタートした1978年当時は、現在のようなEvidence Based Medicineという概念は希薄で、術前照射(放射線治療)が広く行われていました。従って第1次研究(1978~81年)では術前30Gy照射+テガフール座剤と30Gy照射+ブレオマイシンとのRCTを行い、術前30Gy照射+テガフール座剤の生存割合がやや良好で、副作用も少ないという結果が得られました。
しかし術前照射が術後生存期間の向上に寄与しているか否かの議論には明確な解答はなく、そこで第2次研究(1981~84年)として術前・後照射(30+24Gy)と術後照射(50Gy)とのRCT(JCOG8201)を行いました。生存期間中央値は術後照射群が良好であり、その結果、80年代以降本邦での補助療法の施行時期は術前から術後に移行しました。
80年代前半より本邦でも食道がんに対する化学療法としてシスプラチンが広く使われるようになり、第3次研究(1984~87年)として術後照射(50Gy)と術後化療(シスプラチン+ビンデシン)とのRCT(JCOG8503)を行いました。両治療法による生存期間には明らかな差は認められず、この抗がん剤による術後化療は、それまで標準治療として本邦で広く行なわれてきた50Gyの術後照射と同等の効果を示すことが証明されました。この頃より食道がん手術に併せて施行する補助療法に、放射線療法よりも化学療法が使われる時代へと移行して行きました。
第3次研究の頃より外科手術の質の向上、とくにリンパ節郭清の精度が上がりました。そこで第4次研究(1988~91年)では、手術単独に対して術後補助化学療法が、生存期間の延長効果を発揮するか否かをRCT(JCOG8806)で比較検討した結果、両治療法の生存期間の間に明らかな差は認められませんでした。
しかし食道がんに対して投与する抗がん剤はシスプラチン+ビンデシンに代わってシスプラチン+5-FUがより有効であることが判明しました。そこで第5次研究(1992~97年)として、手術単独と術後化学療法(シスプラチン+5-FU)とのRCT(JCOG9204)を行いました。その結果、術後化学療法による再発予防効果が認められ、手術単独ではなく手術+術後化学療法が標準治療となりました。
抗がん剤の投与方法として、術後ではなく手術に先立って術前に投与する術前補助化学療法という治療法があります。そこで手術の前後いずれに抗がん剤を投与すべきかを検討するために、第6次研究(2000~06年)として、術後化学療法(シスプラチン+5-FU)と術前化学療法とのRCT(JCOG9907)を行いました。その結果、術前化学療法による生存期間延長が認められ、術後よりも術前投与が標準となりました。
現在は、標準治療となった術前化学療法(シスプラチン+5-FU)に対して、より強力な術前治療(シスプラチン+5-FU+ドセタキセル)、あるいは術前化学放射線療法(シスプラチン+5-FU+放射線療法)の効果が優れているかどうかを検証する試験(JCOG1109)を実施中です。
以上述べてきた、手術が可能な食道がんに対する補助化学療法の研究の他に、90年代後半より急速に普及してきた化学放射線療法(化学療法と放射線療法との併用)の有効性を、進行度の異なる食道がんに対して検証して来ました。まず切除が不可能な高度の進行がんに対する有効性と安全性を検討し(JCOG9516)、高度の進行がんには姑息的な手術よりも化学放射線療法が第一選択となりました。逆に浅い小さな早期のがんに対する効果をみたところ(JCOG9708)、これまで行ってきた手術に匹敵すると思われる成績が認められました。そこで手術あるいは化学放射線療法のいずれが標準となるかの検証作業(JCOG0502)を現在進めています。
また、手術が可能ながんに対しても、食道温存可能な化学放射線療法をまず行い、がんが残ったりあるいは再発した場合に手術を行う戦略で、手術に匹敵する生存期間が認められるかどうか検証(JCOG0909)を行っています。
遠隔転移を持つ食道がんや、再発した食道がんに対しては、20年前より5-FUとシスプラチンという薬剤の組み合わせが用いられていました。最近これにドセタキセルを併用すると治療効果が上がることがわかってきました。現在遠隔転移をもつ進行再発食道がんに対して、5-FUとシスプラチンの併用療法と、それにさらにドセタキセルを併用した治療の生存期間を比較する試験(JCOG1314)を行っています。
比較的稀な腫瘍である神経内分泌細胞がんは、食道、胃、大腸、膵臓、胆道、肝臓などの臓器に発生することが知られています。食道がんは、95%が扁平上皮癌という組織型であり、神経内分泌細胞がんはわずか数%しかなく、その治療法も決まったものはありませんでした。JCOGでは、食道がんグループ、胃がんグループ、肝胆膵グループの3グループが共同で、稀ながんである神経内分泌細胞がんに対して、イリノテカン+シスプラチン療法がよいのか、エトポシド+シスプラチン療法がよいのかを比較する臨床試験(JCOG1213)を行っています。

今後の展望

近年急速に広がりつつある胸腔鏡手術は、従来の開胸手術と比べて、傷が小さく、術後の回復が早い、肺機能への悪影響が少ないといったメリットがあります。しかし、長期の生存期間へ与える影響はまだよくわかっておりません。そこで我々は、従来の開胸手術と、胸腔鏡手術の長期成績を比較する試験(JCOG1409)を計画中です。これにより胸腔鏡手術が従来の開胸手術と比較して同等の生存期間であることを示せれば、患者さんにとってより侵襲の少ない治療が行えることになります。

※グループ活動の紹介文は、2015年1月に更新したものです。

試験一覧

更新日:{edit}

データを読み込み中です

データを読み込み中です

データの読み込みに失敗しました
適合件数:{ds_RowCount}
試験No. 試験タイプ 試験名 試験概要

{studyno}

{type}

{studyname}

該当ファイルへリンクします該当ファイルへリンクします

現在この条件に合う登録情報はありません。

トップへ戻る