JCOGの基本情報 > JCOGの組織 > 研究グループ > 頭頸部がんグループ

JCOGの基本情報頭頸部がんグループHead and Neck Cancer Study Group:HNCSG

  • グループ代表者:林隆一(国立がん研究センター東病院)
  • グループ事務局:清田尚臣(神戸大学医学部附属病院)
  • 主任研究者:田原信(国立がん研究センター東病院)
    本間明宏(北海道大学大学院医学研究科)
  • グループ代表委員:田原信(国立がん研究センター東病院)
    横田知哉(静岡県立静岡がんセンター)
    本間明宏(北海道大学大学院医学研究科)
    小川武則(東北大学病院)
    藤井博文(自治医科大学附属病院)
    秋元哲夫(国立がん研究センター東病院)
    全田貞幹(国立がん研究センター東病院)
    川端一嘉(がん研究会有明病院)
    古平毅(愛知県がんセンター中央病院)
    岩江信法(兵庫県立がんセンター)
  • 設立:2011年

※グループ代表委員とは、グループで行われる臨床試験の計画、実施の際に中心的な役割を担うメンバーです。
※主任研究者に関する詳しい情報は、共同研究班一覧をご覧ください。

概要

JCOG頭頸部がんグループは2011年4月に「消化器がん内科グループ」から独立して発足しました。頭頸部は多臓器の集合体であり、頭頸部がんの原発部位は、口腔、鼻副鼻腔、上咽頭、中咽頭、下咽頭、喉頭、唾液腺、甲状腺に大別され、原発部位やstage毎に標準治療が異なっています。しかし、これまで適切な多施設共同臨床試験が行われてこなかったために、治療法は施設毎に異なり、エビデンスに乏しい治療が汎用されてきました。そこで本グループでは、質の高い集学的治療が可能な施設が参加し、頭頸部がんに対する標準治療を確立すべく活発な多施設共同研究を展開しております。

研究のあゆみ

厚生労働省 がん研究助成金計画研究(18-9)「根治切除不能な頭頸部がんに対するS-1+CDDP(シスプラチン)を同時併用する化学放射線療法の第II相試験」(主任研究者 藤井正人)にて「根治切除不能な頭頸部扁平上皮癌に対するS-1+CDDPを同時併用する化学放射線療法の第II相試験(JCOG0706)」を消化器がん内科グループの試験として2008年から開始しました。その後2010年4月から2013年3月まで厚生労働科学研究補助金(がん臨床研究事業:H22-がん臨床-一般-017)「進行頭頸部がんに対する化学放射線療法を中心とした集学的治療の開発に関する研究」(主任研究者 藤井正人)を基に研究を継続し、2010年に予定通り登録を完了、2011年にprimary endpointである腫瘍消失割合を評価し2012年にASCOで発表、2015年に最終結果をCancer Science誌に報告しました。
また現在、日本医療研究開発機構(AMED)の支援を受けて2つのJCOG試験が進行中です。1つ目の研究は2012年10月から開始した「局所進行頭頸部扁平上皮癌術後の再発ハイリスク患者に対する3-Weekly CDDPを同時併用する術後補助化学放射線療法とWeekly CDDPを同時併用する術後補助化学放射線療法に関するランダム化第II/III相試験(JCOG1008)」(研究開発代表者 田原信)です。本試験の対象となる患者さんにおいて、より低侵襲な術後化学放射線療法を開発することは非常に意義が高く海外からも注目されている研究です。2つ目の研究は、「局所進行上顎洞原発扁平上皮癌に対するCDDPの超選択的動注と放射線同時併用療法の用量探索および有効性検証試験(JCOG1212)」(研究開発代表者 本間明宏)です。本研究は2014年4月から患者登録が始まりました。用量探索相の目的は、投与制限毒性(DLT)発生割合を推定し、有効性検証における推奨投与回数を決めることです。現在、用量探索相は無事に終了し、2016年1月より決定した推奨投与回数を用いて有効性検証相に移行しております。局所進行上顎洞がんの標準治療は、外科切除+補助放射線療法と認識されておりますが、容貌の変化、口蓋・眼窩内容摘出に伴う機能障害が大きいため、手術を拒否する患者さんも少なくありません。そのため、整容性や機能を温存しつつ予後を改善する治療法として動注化学療法と放射線の同時併用療法が本邦で行われてきました。しかし、これまで多施設共同臨床試験が行われておらず、本試験により進行上顎洞がんの標準治療が確立することは意義があると考えています。

今後の展望

JCOG0706の対象となった根治切除不能頭頸部がん患者さんに対する、導入化学療法や化学放射線療法に関する新たな臨床試験を検討中です。さらに、これまでは化学療法と放射線治療に関する臨床試験を中心に行ってきましたが、今後は手術療法に関しても標準治療の確立を目指した臨床試験を実施していきます。その一つとして、早期の舌がんを対象とした予防的頸部郭清術の意義を検証するランダム化比較試験を鋭意計画中です。当グループの活動を通じて質の高い臨床試験に基づいたエビデンスを創出し、新たな標準治療を確立することで頭頸部がん患者さんに貢献できるよう邁進していきたいと思います。

※グループ活動の紹介文は、2016年4月に更新したものです。

試験一覧

更新日:{edit}

データを読み込み中です

データを読み込み中です

データの読み込みに失敗しました
適合件数:{ds_RowCount}
試験No. 試験タイプ 試験名 試験概要

{studyno}

{type}

{studyname}

該当ファイルへリンクします該当ファイルへリンクします

現在この条件に合う登録情報はありません。

トップへ戻る