JCOGの基本情報 > JCOGの組織 > 研究グループ > 骨軟部腫瘍グループ

JCOGの基本情報骨軟部腫瘍グループBone and Soft Tissue Tumor Study Group:BSTTSG

  • グループ代表者:岩本幸英(九州労災病院)
  • グループ事務局:田仲和宏(大分大学医学部)
  • 主任研究者:岩本幸英(九州労災病院)
  • グループ代表委員:平賀博明(北海道がんセンター)
    松延知哉(九州労災病院)
    川井章(国立がん研究センター中央病院)
    中馬広一(国立がん研究センター中央病院)
    森岡秀夫(慶應義塾大学医学部)
    松峯昭彦(三重大学大学院医学研究科)
    戸口田淳也(京都大学再生医科学研究所)
    荒木信人(大阪府立成人病センター)
    尾崎敏文(岡山大学病院)
  • 設立:2002年

※グループ代表委員とは、グループで行われる臨床試験の計画、実施の際に中心的な役割を担うメンバーです。
※主任研究者に関する詳しい情報は、共同研究班一覧をご覧ください。

悪性骨軟部腫瘍は他のがん種と比較して発生が稀であり、しかも組織型が多岐にわたるため、限られた患者数の単一施設では治療戦略の構築が困難な疾患です。そのため、骨軟部腫瘍に対する標準治療の確立には全国規模の多施設共同研究が不可欠であり、私たちは平成14年度からJapan Clinical Oncology Group(JCOG)内の1グループとして骨軟部腫瘍グループを立ち上げ、精力的に活動しています。現在、骨肉腫に対する化学療法のランダム化第III相試験JCOG0905、悪性軟部腫瘍に対する術前術後化学療法のランダム化第II/III相試験JCOG1306、およびそれらの附随研究を実施しています。以下にその概要を記します。

骨肉腫に対する標準的治療法の確立に関する研究(JCOG0905)

骨肉腫の治療成績はメソトレキセート(MTX)、アドリアマイシン(ADM)、シスプラチン(CDDP)の3剤を中心とする化学療法の進歩により改善されてきました。骨肉腫では、化学療法の効果判定は、主として切除標本での腫瘍壊死割合を用いて行われており、術前化学療法による腫瘍壊死割合が90%以上の場合は予後がよく、90%未満の場合は予後不良とされています。この予後不良な術前化学療法の効果が不十分な患者さんに対し、術後化学療法の薬剤を変更するさまざまな試みがなされてきましたが、これまで治療成績の改善は得られませんでした。しかし、私達が以前行なった骨肉腫の多施設共同研究NECO-95J(Neoadjuvant Chemotherapy for Osteosarcoma in Japan)により、MTX+ADM+CDDPによる術前化学療法の効果が不十分であった患者さんに対し、術後にこれら3剤にイフォスファミド(IFO)を加えた化学療法を行うことで、予後が改善する可能性が示唆されました。この結果をふまえ本研究では、MTX+ADM+CDDPを用いた術前化学療法によって腫瘍壊死割合が90%未満(効果不十分)であった場合に、術後補助化学療法でIFOを追加することによりさらなる延命効果が得られるかどうかをランダム化比較により検証することを目的としており、平成22年2月より患者登録を開始しました。本研究の結果、術前化学療法の効果が不十分な患者さんに対して、術後化学療法にIFOを加えることでさらなる延命効果が示されれば、骨肉腫の予後のさらなる改善が期待でき、世界的にも標準治療となり得ると考えています。

高悪性度軟部腫瘍に対する標準的治療法の確立に関する研究(JCOG1306)

高悪性度軟部腫瘍の大多数を占める非円形細胞肉腫(滑膜肉腫、平滑筋肉腫など)は、手術単独では5年生存割合が約50%と不良であり、予後を改善する治療が強く求められていました。私達が行った先行研究であるJCOG0304の結果から、四肢発生の高悪性度非円形細胞肉腫に対してADM+IFO併用術前術後化学療法が有効であり、新たな標準治療として位置づけて良いと考えられました。しかし、ADM+IFO療法は副作用が強く長期入院を要するため、比較的高年齢である軟部肉腫患者さんには負担が大きいことが欠点と考えられました。この結果をふまえ、より良い標準治療を開発するため、ADM+IFOと同等の効果が期待でき、副作用は軽いと考えられるゲムシタビン(GEM)+ドセタキセル(DOC)併用療法の有効性と安全性を検証するランダム化第II/III相試験を計画し、平成26年2月より登録を開始しています。本研究の結果、GEM+DOC療法がADM+IFO療法に全生存期間で劣っていないことが示されれば、高悪性度軟部肉腫に対する新たな標準治療が確立できると考えています。

JCOG0304附随研究

上記JCOG0304試験の附随研究として、本体研究に登録された軟部肉腫患者さんの手術標本を用いる、術前化学療法による組織学的効果の新しい判定規準を作成するための研究を実施しています。過去に報告された方法では、腫瘍細胞の壊死などの判断規準が不明確であること、化学療法以外の治療が併用されていること、用いられた薬剤が様々であることなどから、標準的な判定規準とは言いがたいことが問題となっていました。本附随研究では、JCOG0304試験で統一したレジメンによる治療を受けた患者さんの切除標本を用いており、再現性が高く予後との相関が強い、真に有用な組織学的効果判定規準を確立出来ると期待しています。

JCOG0905附随研究

上記JCOG0905試験の附随研究として、本体研究に登録された骨肉腫患者さんの生検標本を用い、その遺伝子発現プロファイルを網羅的に解析することにより、薬剤感受性因子(薬剤が効くか効かないかを決める因子)や予後規定因子を明らかにするための研究を実施しています。過去に行われた研究では、治療に用いられたレジメンが統一されていないことや、化学療法後の切除標本を用いた場合もあることから、結果の解釈が困難であり、真に有用な因子の同定が出来ていませんでした。本附随研究は、JCOG0905試験と同時並行で実施する前向き研究であり、これまでの研究の問題点を克服し、真に骨肉腫のバイオマーカーとして有用な因子の同定が可能となる画期的な研究と考えています。

今後の展望

上記の研究以外にも、新しい標準治療の開発に繋がる臨床試験、附随研究を計画しています。希少がんである骨軟部腫瘍の臨床試験は多大な困難を伴いますが、世界に向けたエビデンスを発信できるよう今後もグループ一丸となって研究に取り組んでいきます。

※グループ活動の紹介文は、2015年1月に更新したものです。

試験一覧

更新日:{edit}

データを読み込み中です

データを読み込み中です

データの読み込みに失敗しました
適合件数:{ds_RowCount}
試験No. 試験タイプ 試験名 試験概要

{studyno}

{type}

{studyname}

該当ファイルへリンクします該当ファイルへリンクします

現在この条件に合う登録情報はありません。

トップへ戻る